FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会のお知らせ

こんにちはOT木村です。

梅雨入りして、息苦しさを感じます。
みなさまはお元気ですか?

とてもお世話になっている方から、気になる講演会のお知らせを頂きました。
是非シェアしたいと思いブログにアップしました。

【テーマ】 いつまでもよいきょうだいでありたい ~障害のある人とそのきょうだい・家庭の葛藤と支援~
【日時】  平成28年8月2日(火) 午後2時~4時 7月22日(金)で申込みは締め切られました
【場所】  東京都立小平特別支援学校
【講師】  全国障害者とともにあゆむ兄弟姉妹の会
【内容】  きょうだいを含めた家族のありかたについて、体験エピソード等を通じて、具体的な事例を学びます。
      また、兄弟児や家族の心の葛藤の変遷とそれぞれの段階での支援における配慮点についてお話ししていただきます。
【詳細】  リンク切れ

「兄弟姉妹の会」は50年以上前に、東京で心身障害をお持ちのきょうだいが数人集まったのがきっかけとのこと。
歴史を感じます。
家族は社会の最小単位と申しますが、その中でお互いがどう関わり生きていくか。
良いときも辛いときも、ありふれた日常も、共にある家族。
諸先輩方の経験から、今を生きる上での手助けが見つかるかもしれません。

平日(きっとおれんじにいます)なので、私は残念ながら参加できませんが、もしどなたか参加されたらご感想聞かせてください!
スポンサーサイト

勉強会を開きました

おれんじ学園の木村です。

 現在26歳になるダウン症のある娘様(正規雇用で就労)を育てられたお母様をお招きしてお話会を開きました。 温かく優しくお人柄に、会場内はとても和やかモードです。

 待望の赤ちゃんであったこと、幼少期の喜びや心配など写真も合わせて拝見し、娘様が育まれ、成長していく過程と
親御さんのその時々の心の内側を少し垣間見せて頂きました。乳児期から成人式の美しい振袖姿までの成長を見ると、じんわり心が熱くなりました。

 体重がなかなか増えない時期の工夫や学校の選択など、年齢によって親御さんの悩みは移り行きますが、大小はないのだなぁと実感。
 
 子ども達が心も体も健やかに育つために、そして育ちの根本を支える親御さんに対して、微力ながら療法士としては何ができるのだろうか、考えさせられた2時間でした。

 今回は、東京リハに所属する療法士(PT・OT・ST)を対象とした勉強会でした。次回は親御さん向けの勉強会を開きたいなと画策しております。しばらくお待ちください。

IMG_0083.jpg


【書籍のお知らせ】
ダウン症のあるきょうだい児のための本が、三輪書店より発売中です。ダウン症候群の説明から始まり、日々の生活や関わりへの具体的で実践的なQ&Aです。興味のある方は是非ごらんください。

「シートベルトをしめて発進しよう~きょうだいにダウン症のある人のための短期集中コース~」



プロフィール

子ども発達支援ルーム おれんじ学園

Author:子ども発達支援ルーム おれんじ学園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。