FC2ブログ

たまご??

おれんじ学園の佐藤です。

今回は、私が実際にお子さんのセラピーで使用している、オモチャを紹介します!!

そのオモチャとは、、、、卵です!!!!
卵①

割って見せると、子供たちは興味津々です!!
割る時には、微妙な力加減と、指の動き・手首の動きが必要になってくる為、お子さんにトライしてもらうと、指の置き場所が分からなかったり、力加減が分からず力を入れすぎてしまったりと、試行錯誤しながら取り組む姿が見られます。
このオモチャを使う事で、お子さんたちは、遊びながら実際の卵に近い状態で指や手の動かし方を経験し、動きのバリエーションを増やすことができます!!
また、中身を持つ時に「そーっと崩れないように持ってね」と声掛けをして、素材に合わせた力加減なども経験できます。
身体を動かす事が好きなお子さんも、割って見せると興味を持ち、集中して取り組んでくれます。
卵②

黄身の部分は、ゴム状で、白身の部分はスライムになっているので、感触が大丈夫なお子さんたちは、大喜びで遊んでくれます!!
私は、指や手の使い方を目的としてセラピーで使っていますが、セラピー中の息抜きにもぴったりでした。
このオモチャは、100円ショップで見つけました。興味のある方は探してみて下さい!!!(最近あまり見かけないのですが…)
スポンサーサイト

お月見

保育士の宮内です。
今年の中秋の名月は9月27日(日)ですね。
ちなみに「中秋」とは旧暦の秋、7・8・9月の真ん中、8月15日に出る月であることから「十五夜」とも呼ばれています。

今月は幼児さんのグループで"お月見団子"を作りました。
大き目の紙をダイナミックに破いて、グシャグシャ!
だんだん小さく丸めてコロコロコロ・・・と腕全体から掌までよーく使いました。
折り紙(おれんじ学園の茶封筒!)で作った三方にそっと飾ってお供えします。

IMG_0025.jpg


次は"お月さま"作り。
黄色に着色した卵の殻で作りました。
満月のような卵をまずは掌でグシャ。
指先でプチプチつぶす感触が面白くてお子さんたちはみんなはまっていました。

余談ですが「お月さま」という言い方が好きです。
より親しみがあるし、感謝の気持ちが感じられます。
季節ごとの行事を大切にし、それをくり返しくり返し味わうことによって、自然に近い子ども達は自然のリズムの中で気持ちが安定していくことでしょう。

IMG_0032.jpg

IMG_0031.jpg

otukisama.jpg
プロフィール

子ども発達支援ルーム おれんじ学園

Author:子ども発達支援ルーム おれんじ学園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR