FC2ブログ

小さいお部屋


おれんじ学園の佐藤です。
午前中の就園グループでは、登園後の身支度を済ませたら個別課題を行います。個別課題は手先を使うビーズ通し、概念理解を促すマッチング、鉛筆やハサミなどの道具操作など、お子さん一人ひとりに合わせて用意しています。その時に簡易的にホワイトボード・棒・水色の布を使って個室を作っています。
この個室で課題を行うことによって、視覚刺激を減らし、手元への集中を促すことが出来ます。また、水色など青系の色は、心を落ち着かせる・集中力を高める効果があるそうです。

個室③
↑実際に座っているお子さんの目線。          


個室④
↑後ろからの様子。

個室⑤
↑前からの様子。

個室
↑外からの様子。

このように、おれんじ学園では作業や活動自体へのアプローチも行いますが、そのお子さんに合わせた環境設定も行っています。簡易的な物で見栄えはあまり良くないですが、この個室で課題を行った時とそうでない時では、お子さんの課題への集中力が違うので、もし良かったら、お家でも少し狭い空間を作って試してみて下さい。
スポンサーサイト

土曜グループ その1

おれんじ学園の内田です。
9月から始めた土曜グループもだいぶ落ち着いてきました。
身支度を中心にしたルーティンワーク、全員で参加する「みんなの学習」、お子さんの特徴にに合わせた「個別課題」、お友達とのかかわりが生まれる自由遊び・・・
おれんじ学園の土曜グループは「学ぶ」をテーマに活動を組み立てています。
今回は活動の中から「みんなの学習」の一例をご紹介したいと思います。

fueruto.jpg

窓辺で色とりどりのボールがひなたぼっこ。
これは土曜グループのお子さんと一緒に作った羊毛のボール(フエルトボール)です。
元の材料はこんな感じ。

youmou.jpg

刈られた羊の毛が梳かれて着色されたものです。
これを職員がボール状に丸めます。
薄く広げた羊毛を少しずつからめとるとふわふわなボールができました。

fuwafuwa.jpg

ふわふわなボールに石鹸とお湯を付けて手の中で圧力をかけながら転がしていくと・・・羊毛は縮みながらフエルトへと固まっていきます。
職員がやってみせると、すぐに模倣できるお子さんもいれば棒状に伸ばすお子さんもいて、球体もあれば雫の形やきのこの傘みたいな形などいろいろと出来上がります。
うまく丸められないお子さんには手を取って動かし方を促し、動作の経験を増やしてもらっています。
成形されたフエルトボールは乾かして完成です。
だいぶ数が増えました。
さて、これを使って何ができるのか??
またご報告いたしますのでお楽しみに!
fueruto3.jpg

にじみ絵

保育士の宮内です。
午前中の就園グループ(3歳~6歳)でにじみ絵をしてみました。
まずスポンジにたっぷりとお水を含ませ、画用紙の上を走らせます。
画用紙を水でぬらすという体験に子どもたちはワクワクしながら真剣に集中し始めます。

次にアイロンがかかったように、ピタッとテーブルに張り付いた、静かな湖面のような紙の上を黄色い絵の具を含ませた筆が走ります。
光が降ってきたよ。光でいっぱいにしてね、と職員がやってみせると
nijimi1.jpg

「うわー!まぶしい!」
絵の出来栄えうんぬんではない、まさに”色を体験する”というこの活動ではこのお子さんの一言で十分成功だったなと思います。

それから赤いお花がぱっと咲いたり、蒼い夜がやってきて・・・
色の世界のストーリーを子ども達はじっくり楽しんでいました。

nijimi4.jpg

njiimi3.jpg

nijimi2.jpg
プロフィール

子ども発達支援ルーム おれんじ学園

Author:子ども発達支援ルーム おれんじ学園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR